「40代の転職活動ブログ」はじめます

はじめまして。「40代の転職活動ブログ」サイト管理人のてんかつです。

40代の転職はキビシイと言われますが、

「いまの状況を何とかするには転職しかない!」

理由はともあれ、そう思っている方がたくさんいると思います。

かくいう私もそのひとりでした。
43歳から4回の転職を経験した40代の男です。

大学卒業後、勤務した会社は通算6社。そのうちの1社は30代半ばに独立起業して立ち上げた会社です。その会社を畳み、再びサラリーマンに復帰しようとしたのが43歳。はじめての転職活動でした。

以来、まだ5年ほどしか経っていませんが4回の転職を経験しています。そんな私が痛切に思うのは、いまの時代、40代の転職は「転職したら終わり」ではなく「次の転職に備えよ」ということ。まさに常在戦場です。40代の転職がキビシイのではありません。多くの人が転職活動を行うようになったいま、丸腰の転職が厳しいのです。 備えがあれば必ずチャンスはあります!

このブログは、私自身が再びはじめるかもしれない次の転職活動に向けて、これまでの経験の棚卸を行い、知見やノウハウを整理するためのものです。と同時に、いま転職について悩んでいる40代のみなさん、転職活動をがんばっている40代のみなさんに少しでも参考になればと思い、はじめることにしました。

1回目の転職(35歳):大企業→自営業

大学卒業後、新卒で入社したのは従業員数千人の大企業。忙しくも充実した日々を送っていたつもりでしたが、30代になってだんだん仕事がつまらなくなっていきました。

「独立しよう!」

そう思った私は、35歳で会社を辞めてしまいます。これまでの仕事とは何の関係もないモノづくりの仕事で独立起業。 いまにして思えば、なんと無謀な…。安定の大型船から飛び降りて、小さな手漕ぎ舟で大海原を進み始めたのです 。

2回目の転職(43歳):自営業→非上場ベンチャー企業

●転職ルート:転職エージェント(リクルートエージェント)
●転職活動期間:1ヶ月

わけあって、ある年の夏の終わりに会社を畳み、3ヶ月ほど「何もしない」生活を送っていました。いや「何もできない」と言った方が正しいでしょうか、毎日ぼーっとしながら無為に過ごすことしかできませんでした。そうこうするうちに11月の終わりが近づきてきて「このままでは無職で年越しだ…」と思い至り、重い腰を上げて転職活動をはじめることにしました。

前回の転職は独立起業でしたから、いわゆる転職活動は初めての経験です。どうすればいいのかよくわからず、「40代 転職」で検索したサイトを片っ端から読み込みました。そこで初めて登録した転職エージェントが「リクルートエージェント」。そして私が幸運だったのが、この初めて登録したエージェントのCAさんが「大当たり」だったということ。わずかな期間でリクルートエージェント経由で2社の内定を貰い、新年を迎えることに。選択したのは 売上高百億円~規模のベンチャー企業。私の希望よりも150万円高い年収を提示してもらいました…とは言え、悩みに悩んだ選択だったのですが。詳しくはまたの機会に。

3回目の転職(46歳):非上場ベンチャー企業→上場ベンチャー企業

●転職ルート:談合転職(?)
●転職活動期間:1ヶ月

転職したベンチャー企業で就いたのは、新規事業の立上げ統括のポジションでした。スケールは違えど自身でゼロから事業を起こした経験がありましたから、うまく事業の骨格を作り上げていくことができました。ところが、入社2年を過ぎたころから上との折り合いが悪くなってきてしまいます。ここで言う「上」というのは創業社長なので、如何ともしがたい状況になってしまいました。

ちょうどそんな折、ある異業種の上場ベンチャー企業と商談を行っていました。相手先の新規事業に関わる商談だったのですが、話を聞いているうちに商談相手としてではなく転職先としての魅力を感じてきました。いろいろあってその商談自体は破談したのですが、「私を貴社の中でその新規事業に携わらせてもらえませんか?…つまり、そちらに転職したいんですが」と思い切って売り込んだところ、話がトントン拍子に進みその会社にお世話になることに。年収条件はキープ提示。元の会社には、行先はゴニョゴニョと濁したまま転職しました。

なお、私が新規事業の立上げを行った元の会社では、その事業に伴う採用にも携わりました。その時の経験から転職成功の秘訣を学んだ部分も多々あります。

4回目の転職(47歳):上場ベンチャー企業→大企業

●転職ルート:転職サイト(リクナビNEXT)
●転職活動期間:3ヶ月

「隣の芝は青く見える」と言いますが、3回目の転職はまさにそんな状況での行動でした。上との折り合いが悪い中で、商談相手の会社がまぶしく見えていたのです。はっきり言うと「逃げ」の転職でした。でも、私は「逃げ」の転職自体は悪いことだとは思いません。いつ何時も我慢して耐えしのぐことが偉いわけではなく、状況によっては迷わず「逃げ」を選択すればいい。ただ、この時は運が悪かったというか…逃げ込んだ先は青い芝ではなかったのです。

この会社は1年ももたずに退職することになりました。転職活動は辞める2ヶ月前から始め、転職サイトからの自己応募や転職エージェントからの紹介で面接は受けていたものの、退職時はまだ行き先未定。でも不思議と焦りはありませんでした。まあ、何とかなるだろうと(なんと呑気な…)。そして退職から1ヶ月後、決まったのはリクナビNEXT経由で自己応募した大企業。しかも、これまでの自分のキャリアとは縁もゆかりもない業界に47歳にしてチャレンジすることになりました。年収条件は変わらずです。

5回目の転職(48歳):大企業→中小企業

●転職ルート:コネ転職
●転職活動期間:1ヶ月

未経験の業界に飛び込んで、1ヶ月、2ヶ月と時間は過ぎていくものの、なかなか慣れずに苦しい日々が続きました。その分野にそもそも何の興味もなかった、というのが大きな要因の一つです。「仕事は仕事」だと割り切ってがんばろうと思っていたのですが、自分はそうした割り切りができない性質なのだということを遅まきながら思い知りました。さらに、独立起業やベンチャー企業での経験を経て十数年ぶりの大企業で気づいたのは、もう大企業の仕事の仕方には馴染めないということでした。これも詳しくはまたの機会に…。

前回同様、この会社も長く続けて行けそうにありませんでした。そこで「慣れ親しんだ業界に戻ろう」と思い、古くから付き合いのあった会社に話をしてお世話になることにしました。コネ転職です。実は以前「うちに来ませんか?」と声を掛けてもらったこともあったのですが、その時はお断りした経緯がありました。にもかかわらず快く迎えてもらったことは本当にありがたかったです。年収条件は下がり、大企業ならではの充実した福利厚生も手放すことになりましたが、この選択をして良かったと思っています。(←イマココ)

さて、6回目の転職はあるのか!?

私の状況に次の動きがあれば、このページが更新されます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク